ペットをきっかけに交流が生まれる

0

一人暮らし男性のお年寄りは認知症になりやすいといわれています。

それは男性は女性に比べて外に出て友達や知人と話すことが少なく家にこもりがちだからです。

ペットは会話のきっかけとなる

ペットを嫌いな人はほとんどいません。子供も大人も男も女も関心のあるものです。

犬の散歩をしている人同士が会話をしていることを見かけます。初めて会った人でも同じ公園で散歩をしていると犬をきっかけに会話をすることがあります。

私はうさぎを飼っていて時々近くの公園に散歩に連れて行っています。すると、近くを歩いている子供やそのお母さん、犬の散歩をしているおばあさん、おじいさんと話をすることがよくあります。

普段、接点がない人でもペットがいると自然と話をすることがあります。

交流が広がる

ペットを通じての交流がきっかけでその地域の同じ趣味の仲間や同世代の仲間との交流につながってきます。

ペットを飼う前は一人暮らしで家にこもりがちの人も、外に出ていろんな人と話をするようになり生活に刺激が出てくると思います。一人の時に感じていた不安も薄らいでくるのではないでしょうか。

ペットはただ可愛いだけの生き物ではなく、人と人をつなぐ生き物なのです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA