ペットの飼育が難しくなったサイン

0

飼い主自身の健康上の理由や経済的な理由から、次第にペットの世話を続けることが困難になり、深刻な状況に陥ってしまうこともあります。

特にシニアの方は自身の体調が悪くなった時はペットのお世話ができないことがよくあります。

また、周囲が気付いたときには、事態は相当悪化していた、などということ もあります。

ペットの世話はできていますか

  • 手入れができず、毛玉だらけで爪が伸び放題。
  • 散歩に連れて行けない。
  • 狭いケージに閉じ込めっぱなし
  • 餌や水を十分に与えていない(やせてきた、又はやせすぎ)。
  • 病気やケガをしているのに、動物病院に連れて行っていない。

お世話が難しくなったら他の人に頼もう

お年寄りは急に体調が悪くなることもあります。ペットのお世話がこれまで通りにできなくなることがあるので、そのサインに気がついたら他の人の手を頼るようにしましょう。

近所に住む友達・親戚、専用のサービス会社、ペットホテルなどを利用しましょう。動物病院の先生に相談することも大切です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA